俺んち普通の家だけど、風呂だけちょっとでかくしたら

風呂が好きです。

卒論の題材に風呂を選ぶ程度には。

実家を譲り受けてリフォームするときに、無駄に風呂周りにこだわってみました。

風呂の変遷

1箇所目
元実家

普通の風呂。多分1畳風呂。

2箇所目
一人暮らし

トイレと一緒になってる、3点式ユニットバス。

普通に激セマ。

3箇所目
ちょっと良いマンション

結婚して引っ越した。

築浅できれいな1畳くらいの風呂

4箇所目
ボロボロのマンション

転勤してみたらボロボロのマンションだった。

3LDKなのに膝曲げて入る系の風呂

5箇所目
ちょっと良いマンション

また別の築浅のきれいなマンション

1畳くらいだけど、浴槽が少し広かった。

6箇所目
今の家

実家をリフォームした。

1畳から1.5畳に広げた。

脱衣所は銭湯っぽいあの竹のフロアにした。

風呂はこれ

これはメーカーサイトにあるイメージね(Panasonic)

浴槽を見て欲しい。

なんか段になっててちょっと広く感じる。

風呂って疲れ取る場所やん?

でも子供と一緒に入ったら疲れるやん?

でも浴槽が広かったら自分のスペース確保できて良いやん?

脱衣所を銭湯風にしてみた

銭湯が好きな人なら分かると思うんだけど、あの床いいよね。

こんなやつ、分かる?

銭湯好きな人は脱衣所の床、絶対にこれにした方が良いわ。

2年以上経つけど、未だに風呂入る前にこの床見てフフッてなってる。

風呂にこだわると風呂の回数が増える

豪邸みたいにガチってる風呂じゃないけど、ちょっと浴槽広くして、脱衣所の床を銭湯風にするだけで、毎日がちょっと楽しくなるなら良い選択をしたと思う。

デメリットは風呂の回数が増えて水道代とガス代がちょっと上がること。

さぁ、風呂入ってこよ!

(今は日曜の朝10時)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です